github、担当者の仕様変更した?

Web開発において、ほぼ必須ソフトと言っても良い、gitですが それをサポートするサイト、githubですが、担当者の仕様が少し変わった気がしますね。

以前は、担当者は一人だった気がするのですが、複数人指定できるようになった気がします。 気のせいでしょうかね? 複数人は便利な気もしますが、チェック形式になったため 何だか担当者変更の手順が面倒になった気がします。(以前はワンクリックで変更可能だった)

WordPressのメリット・デメリット

WordPressに関して、私も理解し尽くしたわけではありませんが、良く誤解があるように思えます。 もちろん、大前提として、Wordpressは優れたツールです。 私も数点開発経験がありますが、プラグインを作成すれば、出来ないことはなく 管理画面が統一化されているので、親しみやすいです。

・セキュリティのため、WordPressを導入

これは、大きな誤解があります。 管理画面も、その認証のプログラムの位置も丸わかりなため、安全ではありません。 パスワードの暗号も、最新版は不明ですが、md5という古いものを使用してます。 現に、知り合いの方のWPは良く乗っ取られて、相談に来ます。 WordPressでもEC-Cubeでもセキュリティは気にしないとならないということです。

・WordPressは、何でもできる

これもよくある誤解ですが、WordPressでは無い場合の方が早く対応できることも多々あります。 WordPressが邪魔をするのです。 確かに、プラグインも豊富で、それを組み合わせて作るサイトであれば良いと思いますが それを逸脱すると、途端に何もできなくなってしまう開発の方もいるようで(予算かプラグイン解析が厄介なためと考えられます)、発注経験が長い企業様こそ 複雑なサイトにはWordPressを避けます。 WordPressはそのコンセプトのとおりに、記事投稿のツールとして使うべきだというのが、私の個人的な考えです。 それにおいては、これほど、優れたツールもないと思います。 後、あまり、プラグインインストールすると互換性で、不具合起こす時ありますしね。。。

・WordPressを高速化して欲しい

WPをやめたほうが良いと思います。 WordPressは重いものです。 キャッシュを使用するということも可能ですが、それよりも、一から組み、redis等を使用したほうが良いです。 ただ、記事投稿という用途においては、そこまで重くなるとは思えないのですが、異常に重いサイトもあります。 何かのプラグインの、プログラムの組み方が悪いのかもしれません。

色々とデメリットを上げてきましたが、上でも書いた、記事投稿という一点においては、コレに勝るツールはありません。 movable typeなどもたまに見ますが、個人的には、WordPressに変更すべきです。

Macのことえりの削除

Macのことえり、役に立ちませんよね。 私以外の環境でもそうだったのですが、日本語を入力していると勝手に変換されてしまうのです。 ひらがなを打つときにすごく面倒です。 システム環境設定→入力ソース でマイナスすることで消せます。 私のOS(el capitan)では消せましたが、消せない場合は、USを加えると消せるらしいです。

WordPressのスパム対策

WordPressのスパム対策ですが 「Throws SPAM Away」が良いですね。 ほぼ、来なくなりました。 そもそも、スパムの目的は、URLを叩かせることなので、本文にURLがあるものを弾けば ほぼ消えると言っても良いです。 後は、英語のみとかもあるのですが、一番、厄介なのが単純ないたずらとかですね。。。 その場合は、NGワード的なものを登録しないとダメでしょうね。

apple 発表 iPhone SEとiPad Pro9.7インチ版

予想通りにiPhone SEとiPad Pro9.7インチ版の発表でしたね。 最近、予想を裏切ることがなくなってきました。 iPhoneSEは5Sのスペックアップ版です。 iPad Pro9.7版は高速充電が対応かは謎みたいですね。 12インチ版は、type-cに対応した、高速充電が可能みたいです。

iPhoneの入力の英語入力で、頭文字が大文字になるのはどうして?

iPhoneやiPad等のiOSで英語を入力すると、 頭文字が勝手に大文字になってしまうことはありませんか?? これ、わざわざ直すのが面倒くさいです。 特にiPad Proの純正キーボードだと、2文字以降に入力し コピペ以外でしか、対処しようがありません。。。 設定→一般→キーボードの順で選びます。 そして、英語にある自動大文字入力”をオフにしてください。 上記で、頭文字大文字の対策が完了しました。

Mac OS X 10.11 El Capitanで、XtraFinderを使うには

そのXtraFinderは、El Capitanになってから起動しなくなります。   Macの新しいセキュリティシステムの SIP(System Integrity Protection)が制限しているのです。 良いか悪いかは別としまして、XtraFinderを有効にさせるには SIPを無効化するしかないのです。   Macを再起動し、起動の瞬間に、「-+R」を押してください。 すると、リカバリーモードで起動しますので、そこでターミナルを起動し 下記を入力してください。  
-bash-3.2 # csrutil disable
Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.
-bash-3.2 #

MacのMail.appで、送信時にを自分をBCCのアドレスを自由に

MacのMail.appで、送信時にを自分んBCCのアドレスを自由に設定する方法を
紹介します。

基本的に、Mail.appでは、設定不可能です。
ターミナルで行います。


defaults read com.apple.mail UserHeaders
上記を設定した上で、次に、Bcc に設定するメールアドレスを入力します。
defaults write com.apple.mail UserHeaders '{"Bcc" = "ここにメールドレスを入力します"; }' 

これで完了です。
私はgmailを設定してます(笑