ランサーズとクラウドワークス

ランサーズとクラウドワークス

その他

2016/05/21

現在、フリーのWeb開発の方が使うものといえば、ランサーズとクラウドワークスになります。 最近は、リピートのお客様が多いため、使う頻度が、ほぼ無くなりましたが、 少し手が空いたため、久しぶりに覗いたのですが、ランサーズとクラウドワークスが逆転してる気がします。


この2つは似ておりますが、元はランサーズのほうが先にオープンしておりまして、クラウドワークスは二番手のイメージでした。 しかし、最近は、クラウドワークスに軍配が上がりつつある気がします。 ランサーズは従来通りのスタイルなのですが、クラウドワークスはどんどん改良されているように感じました。 ・クラウドワークスは、話し合い後に値段を決められるように ・クラウドワークスはメールアドレスが記載可能に これは、良し悪しがあると思います。 ランサーズのこのビジネスモデルの成功は、お金を第三者が預かるエスクローという物で預かるため、 Web開発における、金銭面のトラブルを軽減するというものでした。 クラウドワークスは直接やり取りが可能になりやすいため、このトラブルが起きやすいデメリットがあるかとはお思います。 従来のモデルを大切にするランサーズ。改善を続けるクラウドワークス。 どちらも良し悪しがあるのでしょう。